Mark Levinson No.20.6L 技術担当の回路・部品からの考察。

Mark Levinson No.20.6L 技術担当の回路・部品からの考察。

中古 Mark levinson No.20.6Lの修理整備レストア

マークレビンソン No.20.6Lのフルレストア交換部品400ケ

Audio Dripper TOKYOのメンテログとダブりますが、作業開始から半年余り、ようやくレビンソンNo.20.6Lのレストア技術担当マターの動作チェックと計測が終わりました。これから試聴ルームで1週間ほど各スピーカーやプリアンプでのテストを行います。レストア技術者目線からNo.20.6Lを可能な限り解き明かしたいと思います。


Marklevinson No.20.6Lは素晴らしいパワーアンプであることは間違いない。
回路や部品選定から当時の設計責任者の「怒り」や執念をふつふつと感じる内容だそうだ。

たとえばオーディオボードに使われているVISHAY-DALE社の抵抗は戦闘機にも使用されたグレード。これらのパーツを現在計っても数値がズレたものがない。同時代や現代ハイエンドで評判が良い機種の回路や部品をみると、実は大した事がない物はザラにある。
要は音、ではあるけれども、雑誌やショップで瞬間的に評価が良かろうと、その音は長続きしない。レーシングカーと同じ。グッドバランスが長続きしない理由は部品の精度(コスト)とその力量を超えた設計であるため。

毎日聴いていると劣化はわからない。その内、壊れて修理すると、一部の部品だけが新しくなり、アライメントが崩れるが、新鮮に錯覚し、その内また壊れ、また一部の部品が変わっていく。その内、本来のサウンドではない音で鳴る。
パワーアンプのコンデンサーはオリジナルであろうと長時間のうちに確実に劣化し、回路図の数値から劣化ていく。当然音は設計回路図から離れるイコール、オリジナルではない。

No.20.6Lの元祖マークレビンソンのML-2L(回路はNo.20.6Lとは大きく異なる)は当時のパワーアンプとしては図抜けた理想的な動作原理を追究し、個人の才覚とヒアリングで完成した名機であるならば、No.20.6Lはコスト度外視でブランドを守り続ける執念を感じるもの。低電圧で1個のトランジスタに50Aを流したアンプがML2L。No.20.6Lは実質3倍以上の出力を確保するためにトランジスタを2倍にし、さらに部品精度を上げたアンプ。

技術担当はこのNo.20.6Lを3度バラし組み上げる作業をし、全てのハンダ箇所を裏打ちしいる。当時の代理店の方には、レストアは辞めた方がいいと進言を受けました。さらに世界で初めての試み。現在入手不可の劣化部品は世界中から探す。レーシングカーやヒストリックカーのフルレストアや航空機の計器・システム整備では当たり前の事。

No.20.6Lは延べ整備時間は500時間はかかっているだろう。数時間聴いて、ポエムを思い浮かべる事とはまるで次元がちがう。劣化したオリジナル部品でお茶を濁す妥協はしない。突き抜けたサウンドは妥協を排した徹底した整備作業と部品選定眼、創造性からしか生まれる事はない。過去にハイエンドブランドを起こした若者達と同じ様に。

No.20.6Lの交換部品400ケ

No.20.6Lの交換部品400ケ

IMG_0419

今回は400あまりの部品を交換。左右CHのバランスはシビアに合わせ、0.000%オーダーレベルまで合わせた世界TOPのNo.20.Lのペア

Mark Levinson ML-2L Mono Poweramp

中古 ハイエンド・オーディオアンプ買取

Mark Levinson ML-2L A級モノラルパワーアンプ

Audio DripperではマークレビンソンML-2Lをフルレストア整備後に販売するため一般中古品を買取ります!すでに古いパワーアンプですが、全トランジスタ(同ロット24ケ)や全ケミコン、オーディオボードを整備しなおす事で甦ります。

Mark Levinson ML-2L 買取額 ¥350,000.~¥450,000. 各モデルバリエーションで買取額は変わります。

買取りしたレビンソン ML2L,No.20.6Lパワーアンプ。全てフルレストア整備を行いました(No.20.6Lはレストア整備中)。

Mark Levinson ML-2L   1970年代ハイエンドパワーアンプの先駆け

1970年代に登場したMark Levinson(創業者マーク・レヴィンソン氏)ブランドが設計したモノラルA級アンプ。ML-2Lを設計年代の古さだけで語る事はこのアンプの正常な状態を知らないか、回路を読めない故に設計者の意図が読み取れないということの裏返しでもあるのです。全トランジスタをモトローラ製同一ラインロットの選別品で、すべてのパートをレストアしたML2-Lは現代ハイエンドアンプと肩をならべるサウンドです。回顧趣味ではなく鳴らせるパワーアンプ。

残念ながら、正常なML-2Lは存在しないので、本来のサウンドにするには、設計者の意図通りに甦らせるしかありません。サウンドの時代性や表現せんとする事は別として、Dan D’AgostinoやSPECTRAL、Ayre、Mark Levinsonの最新アンプと比較しても何ら臆する事のないパワーアンプとなります。

過去4台のML-2Lをレストア整備した際に、ダミー抵抗8Ω負荷時のオシロスコープのクリップ状態、実質的な最大出力値は38Wでした。公称25w(8Ω負荷)ですが、ジョン・カールが30数年前にクリップしない設計出力値として設定した約40wでした。

Mark Levinson ML-2Lの交換部品 

前回のMark Levinson ML2Lで交換したパーツが下記の写真(20個位のパーツはなくしています。170個位のパーツ)。よく聞かれますのが「オリジナル部品とちがうのはいかがなものか?」と。30年前のデッドストックパーツが適正値を示したペアや必要数が揃えば問題はありません。が、現実的には数もマニュアル通りの数値としても揃いません。ML-2Lのダイオード等は1960年のトランジスタアンプが登場した時代の部品も使用されています。

30年以上経たML-2Lを複数台調べたところ、電流制御が効かず異常発熱した部品がありました。さらには平滑コンデンサーの容量が計測不可「0」が混じり、かつ安全弁から液漏れし乾いたオリジナル部品。出力トランジスタの製造年代がバラバラなった修理履歴。その他部品も左右+-バラバラです。……..かつて世界最高峰と言われたML2Lの現実は時間経過で劣化した電子部品の数々と、左右ちぐはぐな部品の数々。測定値以上に音楽を聴くとこれがどういう事か、どなたでもすぐわかります。こういう事例はMark levinsonのアンプだけではありません。

現在も国内では調達できないオリジナルパーツの入手は可能です(日本国内では数が揃わない事が多々)。また安定動作させるべき部分はオリジナル部品の10倍のコストがかかっても現代のパーツを選択します。音色を支配する部品と動作安定性を長期に渡って担保させるべき部分の見極めが重要です。

パワーアンプのレストアについて

レストア整備はオーディオ機器に限らず開発・設計者の意図、コンセプトを知る事がスタートです。オーディオでは回路の特徴(実際に計測する)や音を知り、技術担当と音の傾向や回路、部品について検討する事が重要です。闇雲にオリジナルではレストアの意味がないのです。動作不良を引き起こしたり精度が不揃いのオリジナル部品もあるからです。ML-2lにはトランジスタ素子が登場した1960年代当時に登場した制御部品もあります。

マークレビンソンML-2Lは、1つのトランジスタに流れる電流がものすごい(27 V/50A)ので、電流を制御する部品の精度が悪かったり、耐用期間が短いと壊れます。過電流が流れる場合や電圧が一定しない場合も多々あります。

設計者が指定したパーツは、本当に使いたかったのか、コスト的な制約があったのかを検討します。高価なハイエンド製品でも低グレードのパーツが使われている事は多々あります。同価格帯のハイエンドアンプでも最初から航空宇宙グレード部品やMIL規格グレード、オーディオグレード、普通の電子パーツまで様々です。ブランドや製造年代によって異なります。多角度から検討しますが、基本はオリジナルに準拠します。設計者の意図を回路や音、他に設計した製品から探る事は最終的に良い結果につながります。

ML-2L、2台、フルレスオア分の交換パーツ

ML-2L、2台、フルレスオア分の交換パーツ約190個(選別外パーツ含めて、パーツ購入費 65万円)

整備前後のMark Levinson ML2L

レストア前のML-2Lが、レストア後のMl-2Lより、良い部分は残念ながら何一つありません。音が出た瞬間から明確にちがいがでます。英語がわかる方なら発音の聞き取りが楽!ドラムスを演ってた方なら細かいセットアップまで伝わる感覚。マスタリングの綾もわかるかもしれません。1970年代のジョン・カールが設計したパワーアンプは、良いアンプの定理、「低電圧で大電流を流す」のギリギリまで攻め込んだ設計は、ユニット制御力から生まれる緻密なしなやかさと実存感ある音像に血が通うまで詰めたアンプ。


Mark Levinson ML-2Lの買取について

買取させて頂いたML-2Lは全て整備して販売予定です。未来にのこしたいハイエンドパワーアンプの先駆けでもあるML2LはAクラスアンプならではの厳しい熱環境で劣化が進んでいますが、整備し未来へのこしたいハイエンドパワーアンプの先駆けです。

Mark Levinson ML-2L 買取額 ¥350,000.~¥450,000.

各モデルバリエーションで買取額は変わります。


下記ML-2L レストア整備の費用 1台¥325,000

全モトローラ・トランジスタ交換、オーディオボード、基板整備・ハンダクラッシュ、リレー部整備、大型コンデンサー交換など主要パーツの整備。

▼2016年に行ったML2Lレストア整備事例

憂鬱なOLD Mark Levinson 整備録 1 一般中古状態  ⇒

OLD Mark Levinson 整備録 2 不具合箇所など ⇒

OLD Mark Levinson 整備録 3 トランジスタ全交換&電圧計測 ⇒

OLD Mark Levinson ML2L整備録 4 音出し計測 ⇒

OLD Mark Levinson ML-2l整備録 5 EIコア型 ⇒

OLD Mark Levinson ML-2L整備録 6 EIコア型フルレストア ⇒

OLD Mark Levinson ML-2L 整備録 7  EIコア型 ステレオ再生チェックア ⇒

OLD Mark Levinson ML-2l  整備録 8  トロイダル・コア型で問題?⇒

Mark Levinson ML-2L整備 9 トロイダル・コア型の発熱とEIコア型の微小ハム音解消!⇒

Mark Levinson ML-2L 整備録  9.5  スーパーカーvs  ML2L ⇒

Mark Levinson ML-2L レストア整備録 10 EIコア完成!⇒

測定器は下記一部他Fruke DMMは現在20台完備。

フルメンテの測定器の一部

通常のレストアは通常非公開となります。スピーカーやネットワークのオーバーホールも上記測定器等で周波数毎に歪率を測定します。

 
買取した Marklevinson ml7l,ML2l(4台)すべて整備、フルレスア。

OLD Mark Levinson/マークレビンソン

憂鬱なOLD Mark Levinson。

USED Mark Levinson ML-7L pre amp&ML-2L power amp

1970年代から1980年代に登場したマークレ・ヴィンソン。ジョン・カール、トム・コランジェロ等
錚々たる人達が葛藤し世に送り出したMark Levinson/マークレビンソン プリ&パワーアンプ。
マークレビンソンの歴史はハイエンドオーディオの歴史のはじまりでもありました。


Mark Levinson No.26L (BAL)2台 在庫 ⇒ (2017.10.23)

OLDマークレビンソン・プリアンプ 在庫ご案内モデル(2017.4.25)

Mark Levinson ML-2L(最初期EIコアモデル) 【ご成約 ありがとうございました】 ⇒

希少な最初期のEIコアモデルです。

Mark Levinson No.20.5  【ご成約 ありがとうございました】⇒

新品同様のコンディションのAクラスモノラル・パワーアンプ(テフロン基板ではありません)

Mark Levinson LNP-2L 中古プリアンプ【ご成約  ありがとうございました】 ⇒

⇒ 国内OLDレビンソンスペシャリスト定期整備・2017年モジュール・チェック(モジュール振動テスト済)

Mark Levinson ML-7L 中古プリアンプ【ご成約  ありがとうございました】⇒

⇒(株)リザイエ様整備済み

Mark Levinson ML-1L【JC2】 PLS150 【ご成約  ありがとうございました】

オリジナルウッドケース付属

Mark Levinson No.26L BALボード付属とBASICの2台 ⇒

Mark Levinson No.27L フルレストア版【ご成約  ありがとうございました】 ⇒

【中古】マークレヴィンソン No.20.6L

Mark Levinson ML7LとML-2L各2セット入荷

Mark LevinsonのML7LとML-2Lが数セット入荷しております。ML-7LはJC2やML-1Lと同じ様なデザインですが、中身も音も、設計者も違います。ML-7Lは良い意味でノリがいいプリアンプです。ML-2Lは入荷直後の動作確認時では問題はなかったので、お客さまへご紹介後に予約となりました。ML-7LもML-2LもOne Ownerで冊子マニュアルやオプションカタログが付属していました。

翌日本格的に動作確認をし始めたところ、1台のML-2Lから若干のノイズが発生しました。ヒートシンクを触ったところ、おかしい!熱いはずのヒートシンクの内2つがひやーっとしてます。

このML-2Lは過去に代理店で整備済で整備部品が明記された書類と交換済パーツが付属されていました。買取時にこの交換済パーツを見させて頂いた時に、1台分だけの交換済パーツしかなく、しかもペアとなるはずの部品が1個しか交換されていなかったので、これは直近で駄目になるかな?と思っていたところ、2回目の動作確認時に通電から4時間程経過したところでブーンという僅かなノイズがのってきました。レモ端子での入力でしたので、念のためXLRをショートさせましたがやはりノイズがのりました。

数十年と経った中古オーディオ機器で100%の状態の個体はございません。5,60%の実力が発揮されていれば良い方かもしれません。修理整備済み品でも交換済パーツを見れば、どんなレベルの整備がされてきたか想像が付きます。ユーザーサイドの予算等に応じて修理レベルが異なるのは仕方ありません。

フルレストアかレストアか、通常整備か。

音はもう1台とほとんど同じ位に出ています。ペアでの定位等もしっかりしていますので恐るべしです。配線か基板のハンダクラッシュか、もしやモトローラが逝ってるか・・・・・いずれにしても要修理です。修理済みの中古品でもありがちですので慣れました。ML-7Lもガリやゲイン調整時にノイズがあったのですが、こちらはなんとか入荷日中に修理できました。基板やコンデンサー類におかしな様子は見受けられていませんが、しばらく動作確認する必要があります。

フルレストアしたML-2LとNo.20.6L

ML-2Lは2台ともフルレストアまでしませんが、フル整備を予定しています。こちらのブログで過程をご紹介できればしていきますね。当然壊れていない1台の部品も同様に変更していきますので、約1、2か月後にはフル整備状態のML-2Lをご紹介したいと思います。

パーツ選択はレビンソンやジョン・カールがどんな音を創造したのかを職人さんとも検証しつつ摺合せました。お互い好きモノ同士なので、JC2やML1L、ML7L、No.26L、No.32L、No.20.5、No.23L、Cello、ディネセン等の傾向から、本来の音を探して整備する事となりました。現在、世界に実存するML-2Lで発売当時のオリジナルの音を聴く事ができる個体はありません。年を経てきた音なのです。代理店整備後の個体でも様々ありますので過度な期待はしません。どうせ整備をするなら国内最上のML-2Lを目指します(フルレストア一歩手前位)。

 

ML-2Lの搭載トランス、EIコアモデルとトロイダルトランスモデル

このML-2Lはトロイダルトランス搭載のモトローラ2N5684トランジスタです。EIコアモデル(EIタイプにも2つございます)とトロイダルトランスモデルの差は別モデルと言っていい程ちがいます。OLDレビンソンファンの間では周知の事。プリで例えるとJC-2&ML-1とML-7L程ちがうと思います。そのちがいの質も似ています。同一ブランドですのでプリとパワーで異なりますが音の傾向は似てくるわけですね。同じ音楽ソースを聴けば当時のマーク・レビンソンの力点が如実に製品の音として感じ取れます。数十年も経た中古で劣化部品があったとしてもです。本来はML-2.5L(トロイダル)とするべき違いです。但し単純にクオリティの差ではありません。

ML-2LモノラルパワーアンプはA級動作の熱との戦いで、ある程度は定期的に整備しながら使用するアンプですので、入荷直後に不具合箇所が見つかる事は良い事です。No.20以降は同じブロックにトランジスタを4パラ動作させているため、ML2Lよりも過酷です。年数が経て健康状態を思慮すると憂鬱な面もございますが、OLDレビンソンならではの音や背景には抗いがたい魅力があります。

2016年9月現在:ML-2L 4台とも平滑コンデンサー、モトローラTr含めた基幹部品すべてフルレストアで販売済。


Mark levinson・マークレビンソン プリアンプ買取&パワーアンプ買取&Cello買取はこちら⇒

MARK LEVINSON・マークレビンソン プリ(買取保証額)

LNP-2 ¥550,000~ フルモジュール ¥800,000~【バウエン】    

ML-6    ¥480,000~

ML-1L   ¥270,000~

JC-2 ¥270,000~

※モジュールをお知らせ頂けると幸いです。

 

ML-7L ¥300,000~

No.26SL  ¥320,000~

No.26L(BAL) ¥280,000~

No.26L(BASIC)  ¥260,000~

No.32L ¥800,000~ 

N0.380SL ¥250,000~ 

 

■Dennesen・ディネセン プリアンプ(ジョン・カール)

Dennesen JC-80Ⅱ ¥380,000~

Dennesen JC-80 ¥240,000~

※状態が良い場合はUPします。 

 

■MARK LEVINSON・マークレビンソン パワーアンプ(買取保証額)

No.20.5L ¥525,000~

No.20.6L ¥580,000~   ¥650,000~ (直近の買取価格)

ML-2L(トロイダルモデル) ¥330,000~

ML-2L(EIコアモデル)  ¥360,000~

ML-2L(EIコアエキポシモデル)¥380,000~

※動作品での最低買取保証価格です。要整備品もお取扱い可能ですのでお問い合わせください。 

その他Mark Levinson パワーアンプもプリ同様の買取価格となります。

■Celloプリアンプ・コントロールアンプ買取額

AUDIO SUITE(P-200+P-301+B-200) ¥680,000~
AUDIO SUITE(P-200+P-301+B-200+P-301) ¥850,000~  ¥1,050,000~
Master Power Supply 込み(モジュールにより変わります)

ENCORE 初期 ¥455,000~
ENCORE 1MΩL ¥425,000
ENCORE 1MΩ MM/MC ¥520,000

■Celloパワーアンプ 買取額

Performance ¥680,000~  ¥820,000~
Performance MK2 ¥885,000~ ¥1,050,000~
(整備状況や付属品でUPします)

ENCORE 150 MONO ¥660,000~
ENCORE POWER ¥320,000~
ENCORE POWER MONO 3 ¥410,000~

DUET 350 ¥420,000~
DUET 350mk2 ¥500,000~

■Celloイコライザー(パレットシリーズ)買取額

AUDIO PALETTE ¥950,000~
AUDIO PALETTE MIV ¥1,200,000~

PALETTE PRE MK2 ¥410,000

■Cello DAコンバーター買取額

R DAC ¥430,000~

■Celooスピーカーシステム

Amati ¥250,000~(スタッグはさらに割増)
Stradivari MASTER  ¥820,000~
Stradivari Premiere ¥450,000~
(ユニットの種類と状態により買取価格が変わります)


▼2016年に行ったML2Lレストア整備事例

憂鬱なOLD Mark Levinson 整備録 1 一般中古状態  ⇒

OLD Mark Levinson 整備録 2 不具合箇所など ⇒

OLD Mark Levinson 整備録 3 トランジスタ全交換&電圧計測 ⇒

OLD Mark Levinson ML2L整備録 4 音出し計測 ⇒

OLD Mark Levinson ML-2l整備録 5 EIコア型 ⇒

OLD Mark Levinson ML-2L整備録 6 EIコア型フルレストア ⇒

OLD Mark Levinson ML-2L 整備録 7  EIコア型 ステレオ再生チェックア ⇒

OLD Mark Levinson ML-2l  整備録 8  トロイダル・コア型で問題?⇒

Mark Levinson ML-2L整備 9 トロイダル・コア型の発熱とEIコア型の微小ハム音解消!⇒

Mark Levinson ML-2L 整備録  9.5  スーパーカーvs  ML2L ⇒

Mark Levinson ML-2L レストア整備録 10 EIコア完成!⇒

測定器は下記一部他Fruke DMMは現在20台完備。

フルメンテの測定器の一部

フルメンテの測定器の一部

通常のレストアは非公開となります。スピーカーやネットワークのオーバーホールも上記測定器等で周波数毎に歪率を測定します。

Marklevinson ml7l,ML2l

買取した Marklevinson ml7l,ML2l(4台)すべて整備、フルレスア。