PHILIPS CDM3

PHILIPS CDM3や搭載されたCDプレーヤーについて

登場から既に25年以上たつCDドライブメカCDM3。過去のメカですが、そんなコトもないのです。

PHILIPS CDドライブメカの概要

PHILIPS CDMドライブメカ

最近ではSSDやHD音源を利用した再生が多くなりました。下のマシンは僕が6年前に製作したものでWIDOWSベースでHDはマザーボードから独立した6部屋に格納します。リッピング用CDRも同様に独立。電源部も独立した部屋に格納します。高さ約80cm重量30kgのPC音源専用のマシンです。電源部も400w程度に抑えています。オーディオボードが入っているためRCA出力をプリアンプへもしくは光出力でDACプリへも可能でした。

このPC音源専用マシンにはマルチアンプ用のデジタル・チャンネルデバイダーのソフトウェアをインストールしたので、Bluetoothで試聴位置からスピーカーのクロスオーバー周波数をクロスカーブを見ながら操作できました。PCモニターでは再生音源とFET画面(試聴位置での周波数特性)が表示できます。ユニット間のスロープは最高-96dB/octというクロスが可能でした。通常のスピーカーネットワークでは不可能です。また左右各ユニットのタイムアライメントも1㎜から合わせられました。

下の写真は内部のメイン基板。当時はintel core5か7で動かせていました。サウンドだけなので5の方が良い場合もありました。写真下に平行になる基板はサウンド専用基板です。すでに6年前になりますが、既存のmac系のPC音源のサウンドはおもちゃのように感じる程。リッピング音源は最高1GBのデータで再生したりも可能。

このPC音源マシンの冷却ファンは電源部、メイン基板、筐体の通風、CPU冷却となります。水冷という方法もあります。PCでは当たり前なのですが、静音レベルは低いものが多いですね。

メイン基板をはずしてCPUを交換中。CPUやメモリはある程度自由に選択できました。当然ソフトウエアも常に最新版が入ります。
表面実装パーツ満載のメイン基板。冷却が命です。通常この手のマシンには冷却ファンが4個ついてます。

PC音源用マシンは部品劣化が早く、発熱に悩まされますので、各ファンを制御する専用ソフトをインストールさせます。これも回転数と温度モニターが可能でした。PC音源マシンは結局のところリッピング素材はレーザーダイオードで読み取り補正するという事になります。HDを使用している限り同様ですね。補正がリアルかどうかはそう問題ではありません。デジタルデータを読み込みアナログ変換する大元は変わりません。データ容量のサイズの差はありますが実際はデータの欠落が多数。PC用/オーディオ用のハードディスクのクオリティの低さや耐久性も問題などetc….PCオーディオはまたいずれ。

ヴィンテージ・デジタルプレーヤー?

本題のPHILIPSCDM3はCDM0,CDM1、CDM1MK2、CDM2から続くオランダPHILIPS社製のスイングインアーム・ドライブメカと制御基板となります。レーザーダイオードによるピックアップレンズが信号を読み取ります。レンズはドイツのローデンシュトック(Rodenstock )ガラスレンズ。その後々CDM9辺りからプラスティック製となります。CDM0はカールツァイスの5枚ガラス製です。性能や正確性はプラスティックレンズが加工精度上良いとされますが、10年、20年後どうかは不明です。ドライブメカはスイングアームの文字通り、振り子のようなシーソーのような状態で稼働します。メリットは多数ありますが、デメリットは振動に弱い事です。

STUDER A730

CDM3が搭載されたプレーヤー

PHILIPS CDM3が搭載されているCDプレーヤーはSTUDER A730、LUXMAN D500s、マイクロメガ、MD10、MD20(一部)などです。マウント方法ですが、当然ながらすべて平行に置かれています。本来STUDER A730も平行で使用するプレーヤーです。スタジオなどではコンソールに入れて平行となります。スイングアームメカという特質を考えれば明瞭です。

Krell MD10 transport アクリルカバーの下に水平計器があります。

ドライブメカのマウント方法で凄いのはアメリカのKRELL MD10です。スイングアームメカがアルミブロック塊の上にマウントされています。シャーシ本体は四隅のサスペンションでフロートさせています。さらに本体は四隅のサスペンションで水平を取る仕組みで、ドライブメカの水平計器が付いています。このサスペンションはCDM3ドライブメカのアルミブロック塊から削り出したものを浮かせてます。恐ろしくコストがかかった造りです。このCDトランスポートを今造ると当時の2倍してもおかしくないでしょう。下の写真をご覧頂くと20個程の部品をUPグレードすると、また一段と凄みが増すサウンドになりそうです。

KRELL MD10の内部(写真はHifi diy.net)

KRELL MD10でさらに面白いのはCDM3制御基板を別途KRELLデジタル社で手が入ったものとし、ドライブメカと放して別マウントしています。当時のKRELLデジタル社の人材は米軍やパソコンメーカーから引き抜いた人材がデジタル部分を設計したり、あるデジタル機器メーカーと提携して設計していたと記憶。

STUDER A730

STUDER A730機は通常コンソールに平行で設置されていますので、平行スタンドを製作しています。A730は3度ほどマイナーチェンジを行っていますが、大きな変更点として放熱があります。さらにドライブメカの制御についてです。小さな筺体にDACやドライブメカ、放送用のキュー機能など盛りだくさんです。もしこのマシンをKRELLのような造り方でまとめると興味深いものです。

KRELL MD10 CDM3の水平計器(右下)

KRELL MD10はSTUDER A730と同じCDM3が搭載されていますが、ドライブメカを水平にする計器(右下)が付いています。CDM3のパフォーマンスを引き出すための秘密でしょう。

STUDER 機などの詳細はSTUDER 整備ページなどをご参考ください。

STUDER A730

筐体をヒートシンクにしているため底面や裏パネルから冷やすと電源トランスすぐの三端子レギュレーターまで冷えてくれます。この付近に電源部のコンデンサーがあるためできるだけ冷やします。UPグレードする場合は電源部から新たに放熱板を取り付ける事もあります。STUDER D730MK2はヒートシンクが筐体の外に装着されます。

STUDER A730 ノイズレス空冷ファン

STUDERやPHILIPS、EMTなどのCDプレーヤーの取扱台数は、販売とレストア整備を含めると1年半で90台程かと思います。一般中古品からレストア~クロックまでUPグレードしたプレーヤーまで、サウンドの幅はものすごいものです。手を入れれば応えてくれるプレーヤーがPHILIPS製メカとDACを搭載した業務用CDプレーヤーと言えるでしょうか。その多様性は今でも面白い!NAGRAやLINN DS限定モデル、CD12、CHORDのデジタルプレーヤーの中で聴いても遜色ない状態以上の個体もあります。
これからはKRELLが製造したMD1やMD10、MD20などのトランスポートも面白そうな素材です。おそらく凄いトコロまで聴かせてくれるはず!

珍品!B&O CD3300

下のCDプレーヤーはB&O製のプレーヤー。これまでCDM3と思っていましたが、CDM2というドライブメカでした。こちらは珍しいメカです。CDM1をコストダウンしたドライブメカとなります。

B&O CDプレーヤー

CD規格登場期のPHILIPS LHH2000 (PHILIPS CDM0、CDM1)

PHILIPS LHH2000も現代のデジタルプレーヤーの中では稀有な一台です。スペックではなく、このプレーヤーの開発と音決めに携わった人材の質が極めて一流であったことが興味深い要因の一つ。新しい技術は今も、これからも登場するでしょう。しかし、CD規格が登場した当時、世界最高の才能と莫大な資金を投じる事は、この先PC音源やハイレゾ含めてないでしょう。現在のデジタルソースマシンのUIの不出来が物語っています。近い将来「AI音源」という世界がハイエンドに向いた時に大きなブレイクスルーがある可能性はあります。

PHILIPS LHH2000

Audio DripperがCDプレーヤーにこだわる理由は世界の音楽ソースで一番流通量が多いのはCDが圧倒的でからです。アナログ盤の2倍から3倍あります。今後はAIスピーカーのハイエンド版サービスなどより変化していくものと思います。


2017.10.16. 現在、STUDER A730のレストア版と一般中品2台が在庫ございます。PHILIPS LHH2000も在庫。

【買取】PHILIPS LHH2000 レストア整備後の販売について

PHILIPS LHH2000 CDプレーヤー の買取入荷

買取させて頂いたPHILIPS LHH2000 ワンオーナー

東京、四国とご自分のお店を行き来されるお客様の東京のご自宅のシステムはTANNOY REDが入ったコーナーヨークやJBLを鳴らされています。以前はJBL Hartsfieldを!今回はFranco Serblinの世界メジャー・デビュー作、オリジナル「Electa Amator」とMcIntosh MC2500をご購入頂きました。誠にありがとうございます!

Audio Dripper では買取入荷しました!で終わらないんですね(笑) 現在も動作していますが、この状態で販売しません。修理もしません。これを徹底的にオーバーホールしフルレストアします。ドライブメカも分解整備します。新品のスペックまで甦らせますので販売価格は高いです。

TANNOY Corner York モニターRED

PHILIPS LHH2000後期モデル

下取りとして買取させて頂いたのは新品でご購入されたPHILIPSのLHH2000。1990年頃のご購入という事でおそらく後期モデルとなります。ドライブメカはPHILIPS CDM1。発熱がすごい機種ですのでレストアに準じた整備を行い販売いたします。内部基板は初期から発熱対策を中心にモデファイされているはずです。製造から30年程経過しますのでかなりの部品劣化が進んでいることでしょう。増幅段アンプの状態も劣化しているはずですので、新たにオランダPHILIPS製へ新品交換する予定です。メニューはCDM1のオーバーホール、サーボ基板整備、メイン基板整備、電源部整備(レギュレーターや電解C含む)、操作基板の整備、トレイ部の整備を行えばほぼ新品同様に近い状態まで戻るはずです。

変更するパーツですが基本的にはオランダPHILIPS製のパーツを主体として使用します。新品のPHILIPS CDM0の在庫がございますので、こちらを計測し劣化パーツは交換後換装するご要望もOKです。UPグレードのご要望も承りますが、LHH2000のトーン&マナーから外れない程度にお願いします!

PHILIPS LHH2000 CDM-0ドライブユニット&サーボ基板
在庫CDM0と買取させて頂いたPHILIPS LHH2000の動作テスト。
買取させて頂いたPHILIPS LHH2000 リアパネル
PHILIPS LHH2000ドライブユニット

PHILIPS LHH2000整備後の動作保証は1年です。整備からご納品、お客様の環境下で最初の1,2か月で何らかの不具合が出る可能性があります。STUDER製CDプレーヤーなど30年近く経たデジタル機器ですので、レストア後1,2か月で何かしらの不具合が出る場合があります。不具合箇所の調整もしくは部品交換を行った後は安定動作します。


お電話でお問合わせ  03-5809-3401(13:00~20:00) メールでお問合わせ   info@audiodripper.jp 

Sonus faber Electa Amator(ソナス ファベール・エレクタ アマトール)の買取

Sonus faber Electa Amator(ソナス ファベール・エレクタ アマトール)の買取

デビューから20年以上経ているSonus faber Electa Amator(ソナス ファベール・エレクタ アマトール)の買取。状態の良い個体が少なく、エンクロージャの変色や革張りバッフルの劣化(ベタ付き)、ウーファーユニット表面部添付材の劣化など極上品が少ないスピーカーです。

今回入荷したソナス ファベール・エレクタ アマトールは近年稀に見る程度の良さで、温度湿度が管理された専用ルームで扱われてきている事がわかる個体。サウンドはユニットの左右差、音圧差などもない状態。もっともエレクタアマトールのネットワークは非常にシンプルな-6dB/octの設計で高域ユニットにコンデンサーとウーファーユニットにはコイルだけ。キャビネットとユニットの状態さえ良ければ現代スピーカーにも引けをとらないキャラクターを備えています。現在のSonus faber社のファーストモデルでありガルネリシリーズの元祖でもあるスピーカー。

販売価格は程度に合せた価格です。9月18日現在、ご商談を頂いています。


Audio Dripper TOKYO販売ページから


Franco Serblin、衝撃の世界デビュー作。

Sonus faber Electa Amator

妖艶な女性的なラインを醸しつつも彫刻然とした出で立ちから、木の薫りが漂ってきそうなスピーカーが

Sonus faber Electa Amator(ソナス ファベール・エレクタ アマトール)。

私がまだ20代の頃にオーディオ店ではじめて目にした時の印象です。

イタリア人スピーカーデザイナー、Franco Serblinの世界メジャー・デビュー作。極上のElecta Amator。

中古ソナスファベール Sonus faber Electa Amator & Stand Column

Sonus faber Electa Amator & Stand Column

Sonus faberの世界デビュー、ファースト・モデル Electa Amator(エレクタ・アマトール)

久しぶりに対面したイタリア・ヴィツェンツァ生まれのエレクタ アマトール。現在、世界中のコレクターが状態の良いElecta Amatorを探されています。サウンドの良さもさることながら、上質なウッドブロックを削り出し組み合わせたエンクロージャーと革張りバッフル面のデザインの卓越したシズル感。現在でもこのオリジンなデザインは継承されています。有機的すぎる質感は好き嫌いがハッキリしそうです。

Sonus faber Electa Amatorのユニット配置

Sonus faber Electa Amator(エレクタアマトール)のユニット・レイアウト

Sonus faber Electa Amatorのスピーカー端子

Sonus faber Electa Amatorのスピーカー端子

以前在庫していました、GUARNERI Mementoも極上で、太陽光を一切遮断した専用ルームで鳴らされていた個体。専用木箱、3重元箱、細かいビニールまで保存されていました。ガルネリのサウンドも素晴らしく、お客様曰く、JBL HartsfieldやVitavox CN191が一緒にあった際はどれが鳴っているか分からない、とおっしゃる程のスケール感がでました。

デザインだけじゃない、ロジカルなコンセプトがElecta Amator。

中古 Sonus faber Electa Amatorのユニット配置

Sonus faber Electa Amatorのユニット配置

ソナスファベール・エレクタアマトールは魅力的なデザインと自然な質感ですが、それだけですと、そうながくは人気は続かないはずです。黒いサランネットを外して目に入るのは、ギリギリまで詰めたユニット配置。バッフル面から溢れれる程のウーファー・ユニットは、ユニットが空間に浮かぶ点音源をイメージしたのでしょうね。バッフル面の反射を極力避けた設計。さらにリアバッフルは斜めにしてキャビネット内の定在波干渉を抑えているのかもしれません。

革張りのバッフルもイタリアならではの鞣し技術で分厚い革厚。シボが反射を抑制していそうです。ネットワークは-6dB/octの1次スロープの減衰率で、不自然な位相回転を避けた設計。きわめて少ない素子のためパワーアンプの電流がスピーカーユニットを歌いやすくするという特徴もあるかもしれません。

中古ソナスファベール

スラントしたリアバッフル面

2017年の今、聴くElecta Amator。

ヴィンテージスピーカーとも言えるエレクタ・アマトールは、GUARNERI MementoやGUARNERI Evolution、Accordoとどんな風景を聴かせてくれるか愉しみです。いまはデプスが深いサウンドスケープの中で渋味と艶やかさが同居したサウンドで、鳴らしはじめてからそうとう変わってきています。特に奥行感はすばらしいものがあります。パワーアンプはMark Levinson No.20.6LやML2L、SOUND PARTS Love3などのA級パワーアンプでボイスコイルに良質な電流を流しています。ウーファーユニットの表面やエッジ、トゥイーターなど新品同様のコンディションを維持しています。キャビネットや専用スタンドのStand Columnは表面の擦れなどはありますが、世界で現存しているElecta Amatorの中でもトップコンディションでしょう。

Sonus faber Electa Amator speaker

サランネット内がウーファーフレームを抱く様に保護します。

今回のElecta Amatorの販売価格は高いです。理由はすべてが極上だから!です…………試聴室に置いておきたかったという事も理由です。アマトールに繋がったオーディオ機器は得てしてよく歌うから。

開発・設計者であるFranco SerblinがネーミングしたElecta Amatorとは「最上の友人:選ばれた友達」などという意味があるそうです。この個体は国内の方に引き継いで頂きたいコレクションモデル!


■Sonus faber Electa Amator & Stand Column  コレクターアイテム 販売価格¥628,000. 【ご商談】

Franco Serblinの世界メジャー・デビュー作。極上のElecta Amator。
付属品:サランネット、専用スタンド「Stand Column」と社外アピトン材ベース(黒)と専用工具が付属。

中古ソナスファベール エレクタ・アマートール Sonus faber Electa Amator & Stand Column(別途アピトンベース付属)

Sonus faber Electa Amator & Stand Column(別途アピトンベース付属)

 


Sonus faberの買取ご案内 ⇒

お電話でお問合せ  03-5809-3401(13:00~20:00)買取外出している事がございます

メールでお問合せ   info@kaitori-audio.jp 

お問合せフォーム   買取お問い合わせフォーム