中古オーディオ・ハイエンドオーディオの買取はお任せください!

Audio Dripperはオーディオ買取が専門です。
お客様の「オーディオを高く買取って欲しい」に応えた、
オーディオの買取で、市場の最高値をご提示いたします。
欲しいオーディオのリクエストや、世界中からオーディオやパーツを探すお手伝いも可能です。
オーディオのことは、オーディオドリッパーにご相談下さい。

オーディオ 買取・下取のAudio Dripper


レアなオーディオを未来へ、のこすプロジェクト。  

本当のUSEDオーディオ 買取&下取をご体験ください。

JBL C38 Baron by Alvin Lusting&Hermanmiller.
1950年代後半の家庭用JBL Cubicシステム 1964年本国JBLチャート&1970年頃サンスイ・システムチャート掲載

JBL C38 1950年代後半~1962年オリジナル・キャビネット

 

アナタの、愛情と情熱に。⇒

愛情と情熱を賭けて鳴らし込んだ、オーディオ機器にプラスαの増額!

 同じモノで生まれる、極上品と並品はのちがいは情熱と愛!?

中古オーディオの販売とレストア・整備品の販売は

Audio Dripper TOKYO 

Audio Dripper TOKYO

9月下旬から1日2組様のご予約で、3TYPEのスペースでお選び頂けます。

 

Western Electricフルシステムを、

探しています! ⇒ 


スモール試聴室の常設スピーカーのご紹介

これまで誰も直に触った事がない、

Sonus Faber Guarneri Memento。⇒

Sonus Faber Guarneri Memento

 

今さら、スピーカーユニットで愉しむスピーカーのたしなみ。

JBL 537-509,JBL 537-500ホーン etc

ユニット転がし作戦! 

JBL HL89 H5039+L5090&JBL537-500ホーン

 

あの手この手で楽しむ、自分だけのサウンドサーフィン。


求む!中古オーディオ・バックオーダーのお知らせ⇒

ハイエンドオーディオ&ヴィンテージオーディオ 60台以上がバックオーダー中!

Ayre KX-R&MX-R

例えば、Ayre KX-R,MX-R 各85万円以上が買取保証価格。  

 FM611 155万円~ FM411 135万円~  LINN SOLO/d 88万円~

  LINN CD12 24bit 62万円~【2016年8月末迄3台バックオーダー中です】

Dan D’Agostino MOMENTUM PRE 180万円~

Exclusive model 2402は80万円~ 2404は115万円~が買取保証価格。

Simens Eurodynは165万円以上 200万円以上(年代状態等で変わります)

KLANGFYLM クラングフィルム・オイロダイン(270万円~ 励磁型300万円~)

JBLハーツフィールド最初期400万円~ JBL4355WX100万円以上~

Audio Machina CRM  45万円~ Magico Q1 220万円~

上記は買取保証の価格です。状態に自信がある方はお問合わせ下さい、増額査定となります。

 

プリアンプ&パワーアンプ買取り事例⇒

昨年の中古プリアンプ&中古パワーアンプの買取価格です。最新価格はお問い合わせ下さい。
2度目からはUPさせて頂いております。

 

日本初!の買取保証価格を公開しました⇒

入荷製品や注目オーディオ機器のレビュー等もご参考下さい。

オーディオ業界では当社が初めて導入した「買取保証制度」です。

メールや電話でお伺い時にお伝えする、最低の買取保証価格でも日本TOPクラスを目指します。

買取&下取時に買取保証価格より安くしません。92%以上のお客さまで増額中。

お引取時の増額分は、当日お支払いたします。宅配買取でも当日に増額分が確定しお振込み!

 

中古オーディオの買取&下取は多岐です。

Audio Dripperのスタッフは、そこそこオーディオ機に精通していますので、

オーディオ機器の状態や修理箇所を踏まえ、市場の最高値で買取価格をご提示!

ハイエンドオーディオ、ヴィンテージ機器、中古オーディオはご相談ください。

Mark LevinsonやGOLDMUND、Jeff Rowland、Accuphase、LINN、Magico等のハイエンドオーディオや

JBL、McIntosh、エレクトロボイス、Marantz、ウエスタン、Jensen、シーメンス、EMT等のヴィンテージ機器の

下取のご相談はもちろん、オーディオのグレードUPのお手伝いもご相談ください。

希少アイテムも世界中からお探しましす。

 

USED オーディオ PICK UPページです⇒

Audio Dripperでおすすめの整備済のお品や世界でも珍しいアイテムを掲載予定です。


Used AUDIO Information

極上の中古オーディオをご紹介いたします。


 

マスタリング・スタジオのお客さまの鬼耳とD731。⇒

USED STUDER D731 定価¥1,100,000. 販売価格¥280,000.

マスタリング・スタジオ使用品 老舗整備会社さま整備品です。外観は傷が超多いですが、中身や個体履歴は一流品というお品。

STUDER D731後期

Summer SALE Mark Levinson Set ⇒

USED  Mark Levinson No.26L & 20.6L   Set特価 ¥1,150,000.

正規代理店 OneOwnerのお品です。この時代のレビソンアンプの中ではグルーヴ感あるセットです。

夏用のパワーアンプとしてNo.27Lをご購入される場合はNo.27L 販売価格¥200,000.!

中古 Mark Levinson No.26l&No.20.6L
【中古】マークレヴィンソン No.20.6L 写真下が27Lです。

 


Rare Used Audio入荷予定

JBL Hartsfield・ハーツフィールド(後期)

LE15A 2ペア、JBL375

Urei 525他多数

※ご予約・売約の場合はご了承下さい。


 買取&下取&リクエスト について

Audio Dripperは「最低 買取保証価格」をお電話やメールでご提示してから、

引き取り時や宅配到着時に「増額査定」する方式ですから、最終価格でがっかりすることはありません。

お客様からよく聞く「がっかり」をなくしたい、それだけです。

中古オーディオの下取り、欲しい機器のリクエストも受け付けいたします。

 

 

運営のお約束。

古いオーディオは多少の不具合があります。

動作に問題がある場合も修理コストを逆算した価格を提示します。

修理やメンテナンスが必要な場合は、整備後、次の方へ引き継ぎます。

整備する際はメーカー仕様・マニュアルに準じます。

遺すべきオーディオは次の世代の方へ引き継ぎたいと思います。

もし、売れなかったら?

事務所や倉庫のシステムとして活かします。スタッフ個人のシステムにはいたしません。

スタッフは他オーディオ店様から購入が原則です。

 

お電話やお問い合わせフォームからご返信しました、オーディオ 買取査定額や

お見積価格から大きく下がる減額査定はいたしません。

 

発送がむつかしくなった大型スピーカー。

大型ヴィンテージスピーカー等は精密機器の専用運送サービスで確実にお引取りいたします。

2015年度は30セット以上の稼働となりました。2016年度6月迄で大型スピーカーは21セットの稼働です。

 

 

だから、こんなご要望にもおこたえします。

ほしかったオーディオ・リクエスト。

欲しいオーディオがはオーディオ・リクエストからお問い合わせください。

ご予算に応じてお探しします。ご要望によってはレストア整備をさせて頂き納品します。

 

 

下取りグレードUPサービス。

新品や入荷済み、ストックしたオーディオに欲しい機器があるお客さまには、

お得なオーディオ機器の下取りをおすすめします。

下取のお客さまにはシステムのご相談やルームチューニングなど多岐に渡るサービスを心がけています。

 

修理・メンテナンス

ご利用頂きましたお客さまのオーディオのメンテナンスも行います。

内部パーツ素子や配線類などはメーカー純正に準じます。無暗な改造はいたしません。

 

ちょっとあたらしいサービスです⇒

壊れたオーディオも修理時間や部品代から逆算し、適正な査定価格をご提示します。

(試行中のため機種は限定させて頂きます)

 

お取引あるお客さまへは手厚いサポートを!

お取引頂いたお客さまには、手厚いサポートを行います。

お取引額やお取引回数に応じて「オーディオ長期無料貸出し」や「長期ご予約」、

「優先販売」,「希少品のご案内」,「お値引サービス」,「買取額UPサービス」等を行っています。

またご所有の機器の整備・修理・レストア等も行っています。


お客さまリスニングルームや整備記録など。 


憂鬱なOLD Mark Levinson。⇒

USED OLD Mark Levinson ML-7L&ML-2L(mono amp)入荷・整備

時代を一世風靡した名機を綴ったページです。

ML-2L 整備録もご参考ください ⇒

ML2L(EIコア型)レストア整備録 ⇒


丘ノ上の都心避暑地で。⇒

お客さまリスニングルーム*音楽と現代ハイエンド・オーディオが生活空間で調和した避暑地。

Audio Dripperのブログです。お客さまのリスニングルームや日々を綴っております。


よく聞かれる、Audio Dripperはどんな会社ですか? ⇒

お電話やお引き取り時によくお尋ねを頂きますので会社概要と併せてご覧ください。 


お電話でのお問い合わせ 03-5809-3401(13:00~20:00)買取外出している事があります。

メールからお問い合わせ info@kaitori-audio.jp (24時間受付)


スタジオ業務機器のご相談もお受けします →

シェアする